マグプレス機(4ヒータ付)
品番MUG4H
  
■特徴 ・4ヒータ付 (付替可能)
・4ヒータ・・・6oz,10oz,11oz,ラテヒータ(12oz)
温度、時間の初期設定
 パネル表示  パネル操作の説明

室温表示
・パネルは、はじめ室温を表示しています。
 本きれいでは、23℃
・電源コードをつなぎ、電源を入れてください。

P−1
・OKボタンを押してください(一回目)。
・パネル表示はP−2を表示します。
・▲/▼で初期温度を設定してください。

P−2
・OKボタンを押してください(二回目)。。
・パネル表示はP−2を表示します。
・▲/▼で転写開始温度(MAX温度)を設定してください。

P−3
・OKボタンを押してください(三回目)。
・パネル表示はP−2を表示します。
・▲/▼で転写開始温度(MAX温度)を設定してください。
 最後に
 OKボタンを押す
(四回目)。
・OKボタンを押してください(四回目)。
・転写準備完了(転写開始が可能な状態になります)
【誰でもやれる方法】
@初期温度193度℃、開始温度とも193度Cに設定、 タイマーはとりあえず200秒に設定
Aマグカップをマグプレス機にセットし、電源を入れて、ハンドルを降ろしてマグを締めます。
Bすると温度は一時下がっていきます。 そしてある時点で反転し、温度はまた上がりはじめます。
C温度が再び193℃程度に戻ったら、20秒〜30秒待ってから、コテを上げてマグを取り出す。
 →これで転写完了 (転写紙が少しきつね色くらいが、一番いいデキです)

注1)Cの20秒〜30秒は適宜調節して、完了時の用紙が薄いキツネ色になるようにしてください。
注2)昇華用紙は少し冷えてからはずしてください。
  濃い色の画像は転写後、すぐ用紙をはづすと
  インクとポリエステルが蒸発化合して、色のにじみの原因となります。
注3)マグプレス機は空焚きしなければ、めったに壊れません。
マグカップへの転写プロセス
転写プロセス 転写プロセスの説明
@画像を耐熱テープで
 留める
・転写画像をマグカップに、耐熱テープで留めてください。
Aマグをムガプレス機に
 セットする
・マグカップをマグプレス機にセットしてください。
Bハンドルを降ろし
 マグを締めください。
・マグプレス機のハンドルを降ろし、圧力調整ノブで圧力を調整してください。
C温度と時間を
 設定してください。
・電源を入れて、パネル(P-1、P-2、P-3)で温度と時間を設定してください。
・英文マニュアルでは、開始温度196℃、時間80秒となっていますが
 適宜、変更可能です。
D時間のカウント ・温度が開始温度まで上昇したら、タイムキーを押してください。
 すると温度のカウントダウンが始まります。
Eタイムアップで
 ハンドルを降ろす。
・時間が0秒になりブザーがなったら、マグプレス機のハンドルを上げてください。
Fマグをとりだし
 転写紙をはづす。
・マグプレス機からマグカップを取り出し、転写用紙をはずしてください。
(注)必ずしも、上記のとおりやる必要は、ありません。
  自分にあう方法を見つけてください。
転写マグカップ(完成品)の事例
はじめは、かなり練習しなければなりません。
。しかし、一旦、技を会得すれば、ほとんど失敗することはありません。
まさに陶工の気分です